各種健康保険証で鍼灸マッサージ治療を受けるには

各種健康保険で鍼灸治療を受けるには

「対象疾患であること」「医師の同意書が必要」の2点が条件です。

◆以下が鍼灸治療対象疾患です。

神経痛、リウマチ、腰痛症、五十肩、頚腕症候群、頚椎捻挫後遺症、その他これらに類似する疾患など。

◆以下があん摩マッサージ指圧治療対象疾患です。

病名によることなく筋麻痺や関節拘縮が認められて医療上マッサージが必要とされる疾患。例として脳血管障害後遺症、変形性腰椎症、座骨神経痛など。

◆各種健康保険で鍼灸マッサージ治療を受ける手順について説明致します。

1・通院している鍼灸マッサージ治療院に各種健康保険取扱いをしているかお問い合わせ下さい。

                    

2・取扱いをしている場合はその治療院から所定の「同意書」用紙をもらって下さい。

               ⇩

3・日頃診察を受けている病院に持参して主治医に同意書をお渡しください。

               ⇩

4・医師による記入済みの同意書と健康保険証を鍼灸マッサージ治療院ご持参ください。


  ※詳しい手続きについては鍼灸マッサージ治療院にお問い合わせ下さい。